本村製菓文庫について

本村製菓文庫は、佐賀の伝統菓子「丸ぼうろ」の製造卸メーカーである本村製菓株式会社が、 お菓子とともに佐賀の歴史も楽しんでいただくために、「丸ぼうろ」のおまけとして、限定で配布する非売品の文庫本です。
持ち運びに便利で、文字も大きく読みやすいと好評です。


本村製菓文庫1
 幕末明治肥前こぼれ話

本村製菓文庫2
 幕末明治肥前こぼれ話

本村製菓文庫2 続・幕末明治肥前こぼれ話

激動の幕末明治期に、国づくりに奔走した佐賀の人々の話を集めた1冊です。
画家のゴッホとも接点があったり、今日の電子立国日本の出発点を築いた人もいます。
また、屯田兵として北海道へ移住し、警備と開拓に当たった人も大勢いるのです。
お好きなところからお読みください。
本村製菓文庫Aは、本村製菓本社及びホームぺージより2千以上お買い上げのお客様に、各々先着100名様へのプレゼントです。

続・幕末明治肥前こぼれ話 目次
・はじめに
・海外に影響を与えた日本の美術工芸品と佐賀
・執行弘道と海外の浮世絵コレクション
・起立工商会社の起こり
・ゴッホと起立工商会社
・大浦慶と幕末の茶貿易
・日本茶の伝来と嬉野茶
・明治の輸出陶磁器
・起立工商会社
・片岡源次郎とジャポニズムへ
・松尾儀助と菊水
・真崎仁六と三菱鉛筆
・フルベッキの肖像画
・フルベッキの肖像画の謎
・龍馬伝と長崎観光
・唐通事游龍
・林道三郎とマリア・ルース号事件
・日本の絵画の近代化
・藤雅三の活躍
・言葉の壁を乗り越えた藤画像と高柳陶蔵
・佐賀藩の長崎警備
・佐賀藩の藩政改革と人材育成
・ペリー来航と英学導入
・英語の達人 石丸安世
・日本の電信の歴史
・電線架設工事と有田の焼物
・多久の神童 志田林三郎
・志田林三郎を支えた人々
・ケルビン卿と志田林三郎
・電気学会の設立の伝説の演説
・志田林三郎賞
・和製エジソン 田中久重
・日本の電話創業の父 石井忠亮
・蓮池の名君
・蘭癖大名 鍋島直與
・川崎道民と写真
・奥村五百子と「愛国婦人会」
・鉄管王 谷口清八
・明治初年の上海を見た豆田三兵衛丘由
・上海の田代屋
・高杉晋作とともに上海を視察した中牟田倉之助
・大隈重信の先妻 犬塚美登
・大隈重信先妻美登と娘熊子
・東京駅
・耐恒寮英語教師 高橋是清
・日本建築界の重鎮 辰野金吾
・屯田兵として佐賀から北海道へ渡った人々
・ルーツ探しの手伝い
・屯田兵
・屯田兵入植の様子
・本村製菓文庫@目次
・主な人物の生没一覧


本村製菓文庫1 幕末明治肥前こぼれ話

激動の幕末明治期に、国づくりに奔走した人々の事をご存知ですか?
肥前佐賀の人々は、幕末の長崎で海外に目をむけ、地道な努力を続けました。
そんな人々の事を、平成22年4月より1年間、NBCラジオ佐賀で紹介しましたが、その内容が文庫本になりました。
1話完結で50話あります。お好きなところからお読みいただけます。
なお、本村製菓文庫@は、2011年7月に発行し、配布は終了しております。


本村製菓文庫@ 幕末明治肥前こぼれ話 目次
・はじめに
・大隈重信の妻 美登
・美登に行き着く
・美登の弟 江副廉蔵
・江副廉蔵の曾孫が経営する 学校法人江副学園新宿日本語学校
・大隈重信と日本女子大学
・大隈重信の娘 熊子
・大隈重信の妻 綾子
・茶商 大浦慶
・万延元年の遣米使節
・万延元年遣米使節の行程
・万延元年遣米使節団の米国での視察
・帰国後の小出千之助
・地球を一回りした佐賀の人々
・佐賀藩家老 村田若狭守政矩
・工芸・工業教育に尽くした 納富介次郎
・初代電信頭 石丸安世
・読売新聞社社長 本野盛亨
・ニューヨークで活躍した 高柳陶造
・日本人とタバコ
・江副商店のタバコ
・幕末のパリ万博と野中元右衛門
・パリ万博での佐賀藩
・ウィーン万博の日本の展示物
・ウィーン万博と各種技芸伝習生
・ウィーン万博と起立工商会社
・フィラデルフィア博覧会と有田
・フィラデルフィア万博で世界の頂点に立った有田の焼物
・有田の焼物のアメリカ進出
・フィラデルフィア万博後の有田
・起立工商会社と松尾儀助
・起立工商会社で働いていた人々
・起立工商会社社長 松尾儀助
・ゴッホにも繋がる起立工商会社
・有田焼と深海宗傳と李参平
・有田の焼物と貿易
・電信事業と八代深川栄左衛門
・大隈重信と文字
・香蘭社の分裂と精磁会社の新設
・手塚亀之助と三人の息子たち
・手塚亀之助の子孫を案内して
・明治時代の焼物
・フランスで初めて洋画を学んだ百武兼行
・美術教育に力を注いだ久米桂一郎
・第一回文化勲章受賞 岡田三郎助
・初代沖縄県令鍋島直彬
・鍋島直彬の沖縄県政
・沖縄の教育に尽くした佐賀の人々
・鳥島移住と斎藤用之助
・歴史の解明
・年表
・あとがき