こぼれ話@ 海外に影響を与えた日本の美術工芸品と佐賀

幕末、明治期の佐賀に興味を持ち、歴史散策を楽しんでいる私は、その延長で4月中旬、米国ロサンゼルスを旅した。
幕末明治期の佐賀と米国とのつながりとは不思議に思われるかもしれない。 しかし、佐賀藩英語塾致遠館で教鞭をとったのは、オランダ系アメリカ人宣教師フルベッキであるとか、山口尚芳や久米邦武等は岩倉使節団で米欧を回覧したこと等々を思い浮かべれば、佐賀の近代は、早くから米国とかかわりを持っていたことがわかる。 私が米国との関係に興味を持ったのは、大隈重信の最初の妻、美登の弟江副廉蔵を知ったことからだった。
大隈重信は明治の元勲として、また、早稲田大学の創立者として著名な人物であるが、大隈の糟糠の妻、美登を知る人は少なく、 ましてやその弟江副廉蔵を知る人は彼らの縁者および、地元の郷土史を丹念に調べている人々くらいしかいなかった。
美登・廉蔵姉弟が育った所は鹿島市音成であり、ここには江副家の墓地がある。美登は明治政府の要人となり、中央に出て行く大隈に同行せず離婚し、 鹿島藩士犬塚綱領と再婚した。その墓は鹿島市古枝鮒越にある。私はこれらの墓へと案内していただき、江副廉蔵について調べ始めた。 そのことは拙著『大隈重信と江副廉蔵―忘れられた明治たばこ輸入王―』で詳しく述べているので、ご一読いただけるとありがたい。

さて、江副廉蔵が何者であるか調べる中で見つけたのが有田の郷土史家・松本源次氏の書かれた「万国博覧会と有田焼」であった。
この中に、1876年(明治9)、アメリカで建国100周年を記念してフィラデルフィア博覧会が開催された折、 有田から結成されたばかりの合本組織香蘭社の手塚亀之助、深海墨之助、深川卯三郎の三名が参加し、 通弁(通訳)として元佐賀藩士の江副廉蔵が同行した事が書かれていた。
博覧会終了後、一行はアメリカ国内の製陶工場を視察し、ニューヨークの商況を目の当たりにし、陶磁器の販路が極めて広い事を実感した。そこで彼らは、 博覧会のために渡米していた起立工商会社社長松尾儀助(元佐賀藩士)と、今後の事業について相談し、松尾はニューヨークに店を開き香蘭社製品を販売し、 手塚、深海らは有田へ帰って生産体制を整える約束をしたとのことである。
国レベルでは幕末からアメリカとの交流はあっても、一般のアメリカ人にとって、日本を知る第一歩はフィラデルフィア万国博覧会からであった。 参観した人々は緻密な細工の施された日本の美術工芸品に魅せられた。

ところで、一昨年、九州国立博物館で「プライスコレクション『若冲と江戸絵画』」展が開かれた。 アメリカ・カリフォルニアのジョー・プライス氏が半世紀前、当時日本の美術史家たちにも見過ごされていた江戸時代の個性的な画家たちの作品に魅せられ、 収集を始めたのがプライスコレクションの始まりであった。 解説の中に、プライスは、執行弘道と親交のあったフランク・ロイド・ライトの影響を受けたとあった。
ライトは帝国ホテルの設計者として日本でも知られ、アメリカ大陸と日本に多くの作品を残し、 世界の近代建築の三大巨匠に数えられる建築家であるとともに、浮世絵の収集家としても名高い。 プライスの父親が自社ビルの設計をライトに依頼したことで、プライスとライトとは親交を持ったらしい。
昨年、テレビNHKスペシャルで「よみがえる浮世絵の日本―封印が解かれた秘蔵コレクション」と題する番組が放送された。 これは、ボストン美術館に1921年に寄贈されて以来、寄贈者のスポルディング兄弟の意思で封印されていた6500枚の浮世絵に関する番組であった。 番組の中で、このコレクションには、ライトや執行弘道が関わっていた事が紹介された。

米国で日本の美術品のコレクションに関わった執行弘道とは起立工商会社ニューヨーク支店長として活躍した人物である。彼もまた元佐賀藩士であったのである。
起立工商会社とは、1873年(明治6)のウィーン万国博覧会を契機に起こった会社である。
ウィーン万国博覧会終了後、好評を博した日本庭園を、イギリスのアレキサンドル・パーク社がそっくり買い取りたいと申し出て、博覧会事務局に商品の保証を求めてきた。 しかし、政府として参加している博覧会事務局は関与できず、 「茶商」して派遣されていた松尾儀助が会社をつくる事を提唱し「起立工商会社」を設立し、自らその社長となり売却した。 また、博覧会で売れ残った品々も売買したのである。ウィーン万博の総裁は大隈重信、副総裁は佐野常民であった。
佐賀では、有田焼の海外とのかかわりの紹介では、江戸時代、東インド会社を通じて、世界に出て行ったことが中心的に語られ、 明治のころについてはあまり語られていない。

・・・
・・・
・・・